【好きなゲーム】語っていこう25【ゼウス2 カルネージハートセカンド】

こんにちは。NABIKIです。

 

前回は後半戦の第一戦について語っていきました。

 

今回は後半戦の第二戦について語っていこうと思います。

 

実際のプレイを交えての感想となっていますので、内容は攻略寄りに

なっているのでご了承ください。

 

 

作戦概要:

勝利条件 :敵キャリアの全滅

敗北条件 :味方の全滅

敵戦力  :O.K.E3個小隊

作戦地  :アノロメ台地

 

 

自軍編成:

グラハム:主人公(自由編成)

 

 

ジョン:キャメル(キャリア)

    ネグローニ

    ネグローニ

    ネグローニ

    ネグローニ

    モッキンバード

    モッキンバード(全6機)

 

 

マーク:キャメル(キャリア)

    アラクネー

    アラクネー

    アラクネー

    綾影

    綾影

    綾影(全6機)

 

 

敵軍編成:

ラルフ軍A:ゼファー(キャリア)

      アングリフ

      アングリフ

      アングリフ

      アングリフ

      フライド

      フライド

      フライド(全7機)

 

 

ラルフ軍B:ゼファー(キャリア)

      アングリフ

      アングリフ

      アングリフ

      アングリフ

      フライド

      フライド

      フライド(全7機)

 

 

ラルフ軍C:キャメル(キャリア)

      アヌビアス

      アヌビアス

      アヌビアス

      アヌビアス

      キューケン

      キューケン(全6機)

 

 

作戦展開:

後半戦における第二戦

 

前回同様に、フライドが多数出現するので、対空装備を施した

O.K.Eを出撃させるようにしよう。

 

アングリフはローケンと同様に車両型のO.K.Eとなる。

武装もローケンと似通った部分があり、徹甲弾やビームガン。

パルス弾に拡散弾も搭載することが可能。

おまけに機雷も搭載できるので、ローケンとの違いは、

前進した時の速度がアングリフの方がやや速いくらいか。

 

ラルフ軍のアングリフは、対空用の機雷であるため、

飛行型のO.K.Eは分が悪い相手となっている。

特に爆撃機仕様のフライドやプリーストはかなり不利な状況を

強いられることになるだろう。

 

アヌビアスは、キリング本人が直々に使用していたが、

ラルフ軍が本格的に使用してくる機体となっている。

 

こちらはホバー型でありながら、唯一カノン砲を搭載することができる

火力重視のO.K.Eとなっている。

加えて、地雷を搭載することができるので、設置して敵を狙撃させたり

近づいてきたO.K.Eに対して、地雷の爆破ダメージを与えたりすることも可能。

 

ラルフ軍が使うアヌビアスは、カノン砲を搭載し、こちらを追尾して来る

デススフィアという地雷を搭載している。迂闊に近づこうものなら

デススフィアの餌食になるため、飛行型のO.K.Eで攻めたり、

遠距離からの狙撃で攻撃を加えるといいだろう。

 

ちなみに、回避に関してはどこか抜けた面があり、あまり左右に避けないため

うまくハメれば、そのまま射撃し続けて撃破することも可能。

ただし、正面にいるとカノン砲を喰らうリスクが高まるので、

こちらの回避プログラムはしっかり組んであげるようにしよう。

 

ここからは、本作戦の攻略方法について。

敵の1小隊が崖を超えた先にいるので、こちらから始末しても良いし、

先に2小隊の方から壊滅させるのもあり。

 

2小隊を相手にする場合は、自分一人で特攻せず、味方のO.K.Eに隣接して、

敵キャリアがこちらに近づいてきたところを、双方ともに

撃破するのがいいだろう。

 

なるべく手前の1小隊は自身のキャリアで交戦し、

もう一方の1小隊に、残りのO.K.Eを仕向けるようにしよう。

 

崖の先にいる1小隊はフライドを搭載しているため、

崖側から近づき過ぎて、ダイレクトアタックを喰らわないように気をつけよう。

 

 

まとめ:

今回は後半戦の第二戦について語ってきました。

次回は第三戦について語っていきたいと思います。

 

今回は3小隊での編成となるので、前回に比べれば比較的ラクだったと思います。

しかし、対策をしていなければ、こちらがハメられる危険性が高いので

敵のO.K.Eに合わせた編成を組むことが求められます。

 

 

それでは今回はここまでになります。

 

気になる方も気にならない方も、また読んでいただければと思います。

 

それじゃあ、あじゃどう!

 

 

ΩND

 

【好きなゲーム】語っていこう24【ゼウス2 カルネージハートセカンド】

こんにちは。NABIKIです。

 

前回はランダム戦闘について語っていきました。

 

今回は後半戦の第一戦について語っていこうと思います。

 

実際のプレイを交えての感想となっていますので、内容は攻略寄りに

なっているのでご了承ください。

 

 

作戦概要:

勝利条件 :敵キャリアの全滅

敗北条件 :味方の全滅

敵戦力  :O.K.E4個小隊

作戦地  :カトニエ

 

 

自軍編成:

グラハム:主人公(自由編成)

 

 

ジョン:キャメル(キャリア)

    ネグローニ

    ネグローニ

    ネグローニ

    ネグローニ

    モッキンバード

    モッキンバード(全6機)

 

 

マーク:キャメル(キャリア)

    アラクネー

    アラクネー

    アラクネー

    綾影

    綾影

    綾影(全6機)

 

 

敵軍編成:

ラルフ軍A:ゼファー(キャリア)

      アングリフ

      アングリフ

      アングリフ

      アングリフ

      フライド

      フライド

      フライド(全7機)

 

 

ラルフ軍B:ランバージャック(キャリア)

      ローケン

      ローケン

      ローケン

      ローケン

      ローケン

      ローケン(全6機)

 

 

ラルフ軍C:ランバージャック(キャリア)

      ローケン

      ローケン

      ローケン

      ローケン

      ローケン

      ローケン(全6機)

 

 

ラルフ軍D:キャメル(キャリア)

      プリースト

      プリースト

      プリースト

      プリースト

      スパンキー

      スパンキー(全6機)

 

 

作戦展開:

後半戦における第一戦

 

ここからラルフとの攻防が繰り広げられることになる。

敵勢力はラルフ軍に加えて、火星軍や所属不明軍が相手になることもあるが

そちらはまた別の機会に語ることにしよう。

 

このステージでは、爆撃機であるフライドや推進速度の速いアングリフなど

キリング軍と比較して、更に強力な機体が現れる。

 

いずれも対空・対地の対策をしていなければ、相当の被害を被る危険があるので

対策を施したO.K.Eを搭載して出撃しよう。

 

まず最初に敵フライドの解説から。

徹甲弾とビームガンがメイン武装となっており、

爆撃機特有の投下型爆弾を搭載しているので、真下に位置したO.K.Eは

この爆弾の炎上効果によって、容易くオーバーヒートを起こしてしまう。

 

裏を返せば、こちらの真上に突っ込んでくる性質があるため、

拡散弾やショットガンなど、近距離で威力を発揮する武装で迎え撃てば

面白い具合に撃墜しやすい相手となる。対飛行用の機雷もおすすめ。

もしくは、ミサイルなどを多数搭載して、ゴリ押しするのも一つ。

飛行型特有の水平移動を得意とした機体なので、ロケット弾を連発しても

避けられてしまう可能性が高いので、ある程度近くにいる場合を除いては

あまり有効打にはならないだろう。

 

次は車両型のローケン。

2種類のメイン武装を搭載可能で、拡散弾や徹甲弾。ビームガンにパルス弾も

搭載することができ、なおかつ最大搭載量が多いのも特徴。

加えて、機雷を射出することができるため、対空・対地の両方をこなすことができ、

戦闘でもサポートでも活躍することができる機体。

 

敵のローケンは徹甲弾と拡散弾を搭載しており、機雷は地上の敵に徹甲弾を射出する

ヴァルキリーを搭載している。

近づけば拡散弾とヴァルキリーの餌食になるため、無暗に突っ込まないようにしよう。

そのため、格闘型のO.K.Eは、もっとも相性が悪いといえる。

 

しかし、近づかなければ拡散弾はまともに当たらず、ヴァルキリーも射程距離に

入らないため、遠距離からカノン砲などの単発で威力の高い武装か、

ロケット弾を正面から連発するなどすれば、炎上効果と併せて

大ダメージを期待することができる。

 

敵にローケンがいる場合は、バッドドリームなどを編成に組み込んで

カノン砲やロケット弾の餌食にしてしまおう。

 

さて、ここからは作戦の進め方について。

敵は4個小隊となっており、1小隊当たりキャリアの最大数まで

搭載した編成になっているため、味方のO.K.Eに随伴して、

敵の数を減らしていくのがよいだろう。

 

移動量の多いフライドが先行して突撃してくるので、

こちらのO.K.Eを随伴させる場合は、対空装備を施したO.K.Eで迎え撃とう。

 

味方のO.K.Eについては、ジョンがネグローニまみれのため、

飛行型の敵O.K.Eに対して、面白いぐらいに役に立たない始末

期待できないのでせいぜい囮役にして、グラハムの被害を抑えるぐらいに

利用するといいだろう。

 

反対に、マークのアラクネーは拡散弾を搭載しているので、

フライドが爆撃を仕掛けようものなら、至近距離から拡散弾を喰らって

爆発四散することになるだろう。スゲーキモチイイ。

 

プリーストの部隊が1個小隊いるが、フライドの対策ができていれば

スパンキーと併せて撃墜することができるので、特に苦労はしないだろう。

 

 

まとめ:

今回は後半戦の第一戦について語ってきました。

次回は第二戦について語っていきたいと思います。

 

ラルフ軍との戦いに突入してから、敵の部隊数やO.K.E数が更に増えるので

対策を施さなければ、かなりの苦戦を強いられることになるでしょう。

 

しかし、敵O.K.Eに対して対策さえ施しておけば、なんとか切り抜けられる程度には

難易度調整がしっかりとしているので、その塩梅は見事だと言わざるを得ません。

 

実際にプレイしてみると、見た目以上に苦戦せず、クリアできるステージもあるため

如何に対策の有無で明暗が分かれるかが、プレイすればハッキリと分かるでしょう。

 

 

それでは今回はここまでになります。

 

気になる方も気にならない方も、また読んでいただければと思います。

 

それじゃあ、あじゃどう!

 

 

ΩND

 

【好きなゲーム】語っていこう23【ゼウス2 カルネージハートセカンド】

こんにちは。NABIKIです。

 

前回は前半戦の最終戦について語っていきました。

 

今回は後半戦に移る前、ランダム戦闘について語っていこうと思います。

 

実際のプレイを交えての感想となっていますので、内容は攻略寄りに

なっているのでご了承ください。

 

 

ランダム戦闘について:

進軍した後に条件こそ不明だが、所属不明軍と呼ばれる

どこの部隊か分からない敵勢力が出現することがある。

 

彼らはクリア後のステージに、様々な部隊編成で現れることがあるため、

AP稼ぎや特定のO.K.E確保のために、戦闘するのも一つだろう。

 

ちなみに、所属不明軍のみが使用してくる敵O.K.Eは以下の通り。

 

☆ランダム出現を含むO.K.E一覧☆

 

・ダークコフィン

バジリスク

・ホイリーコーン

・トライポッド(一部ステージにも出現)

 

☆特定ステージで出現するO.K.E一覧☆

 

・ノーランダー

・綾影

・ラスティネール

・アラクネー

 

バジリスクなどの機体は、ランダムで出現する所属不明軍からし

入手する方法が無いため、これらの機体が欲しい場合は、

先に進路にいるメインの敵勢力を排除しながら、

彼らが現れるまで、粘り続けるようにしよう。

 

 

敵勢力の一例:

その時出現するO.K.Eによって、編成数が変わる部隊なので、

敵の編成は一定でないのが特徴。以下は編成の一例だが、

これ以外の編成も大いにあり得るので、参考程度に見ていただきたい。

 

 

一例の1:ゼファー(キャリア)

     ホイリーコーン

     ホイリーコーン

     ダークコフィン

     ダークコフィン

     バジリスク

     バジリスク(全6機)

 

 

一例の2:ランバージャック(キャリア)

     トライポッド

     トライポッド

     トライポッド

     トライポッド

     トライポッド

     トライポッド(全6機)

 

 

一例の3:ランバージャック(キャリア)

     バジリスク

     バジリスク

     ダークコフィン

     ダークコフィン

     スパンキー

     スパンキー(全6機)

 

 

一例の4:キャメル(キャリア)

     キューケン

     キューケン

     キューケン

     スパンキー

     スパンキー

     スパンキー(全6機)※稀にみるクソザコ編成

 

 

作戦展開:

先にも述べたように、どのO.K.Eを引き連れて現れるかは運次第。

メインの敵勢力を退けつつ所属不明軍が現れたら、

無視するのもよいが欲しいO.K.EやAPを稼いでおきたい場合は、

積極的に戦闘をこなしていくといいだろう。

 

また、メインストーリーとは関係ないが一度進軍したステージの場合、

基本のステージがメンバー固定であるのと比較して

グラハムを含めた4人での出撃が可能となる。

いつも4個小隊で戦わせろよ

 

グラハム単騎での出撃も可能ではあるが、敵の数が多ければ

もちろん苦戦は免れないので、理由が無い限りは避けた方がいいだろう。

 

ちなみに、他のメンバーを一人だけ連れて出撃した場合は、

そのキャラクターとの会話シーンを観ることができるので、

気になる人はぜひチェックしてみよう。

 

 

まとめ:

今回はランダム戦闘について語ってきました。

次回はいよいよ、後半戦の第一戦について語っていきたいと思います。

 

ランダム戦闘は時に進路妨害になってしまう場合もあるので、

戦う気が無くても、ほぼ強制的に戦わざるを得ない場合もあるでしょう。

 

基本的にどの部隊であってもメインの敵勢力に比べれば、

敵のO.K.Eの数が少ない傾向にあるので、APを稼ぎたい場合は、

自分のO.K.Eでは戦わず、味方のO.K.Eに殲滅してもらうようにしましょう。

 

AP自体は撃破した敵の数に応じて変動し、こちらの被害が大きく

撃破した敵が少ないほど、割に合わない構造となっているので、

最悪APが持ち出しになってしまう可能性もあります。

 

キャラ別の会話シーンを観たい場合は別ですが、特にこだわりが無い場合は

味方を3人引き連れて、敵を殲滅してもらうようにしましょう。

 

 

それでは今回はここまでになります。

 

気になる方も気にならない方も、また読んでいただければと思います。

 

それじゃあ、あじゃどう!

 

 

ΩND

 

【好きなゲーム】語っていこう22【ゼウス2 カルネージハートセカンド】

こんにちは。NABIKIです。

 

前回は前半戦の第十戦について語っていきました。

 

今回は前半戦の最終戦について語っていこうと思います。

 

実際のプレイを交えての感想となっていますので、内容は攻略寄りに

なっているのでご了承ください。

 

 

作戦概要:

勝利条件 :敵リーダー機破壊

敗北条件 :味方の全滅

敵戦力  :O.K.E4個小隊

作戦地  :トパジウス基地

 

 

自軍編成:

グラハム:主人公(自由編成)

 

 

ジョン:キャメル(キャリア)

    バッドドリーム

    バッドドリーム

    バッドドリーム

    バッドドリーム

    ロータス

    ロータス(全6機)

 

 

マーク:キャメル(キャリア)

    ノーランダー

    ノーランダー

    ノーランダー

    マリアエレナ

    マリアエレナ

    マリアエレナ(全6機)

 

 

敵軍編成:

キリング:ゼファー(キャリア)

     アヌビアス

     アヌビアス

     アヌビアス

     パークドッグ

     パークドッグ

     パークドッグ(全6機)

 

 

キリング軍A:ランバージャック(キャリア)

       ロータス

       ロータス

       ロータス

       ロータス(全4機)

 

 

キリング軍B:ランバージャック(キャリア)

       ロータス

       ロータス

       ロータス

       ロータス(全4機)

 

 

キリング軍C:ランバージャック(キャリア)

       ロータス

       ロータス

       ロータス

       ロータス(全4機)

 

 

作戦展開:

前半戦における最終戦。いよいよキリングとの決着となる。

 

キリングの使用するO.K.Eは、前作から続投しているおなじみのパークドッグ。

加えて、今作からデビューしたホバー型のアヌビアスが相手。

 

パークドッグは徹甲弾装備となるので、他のキリング軍が使用していた

機体とはほぼ同じものとなっている。

動きが素早い機体なので、中型以上の分割されるミサイルを搭載して

確実に攻撃を当てていこう。

このレベルのパークドッグを初代ゼウスから使ってくれていれば

キリングの株が落ちることはなかっただろうが・・・

 

その他の取り巻きは、ロータスのみを発進させ4機で1個小隊となっている。

ユララユニ崖峡で確保できていない場合は、

残りはここでしか手に入れることができないため、必要なら確保するようにしよう。

 

基地の周りは障害物が多く、思うように進むことができないので

O.K.Eが置けなくて攻撃できなかったなどのプレイミスが起こらないようにしよう。

 

作戦が終了し、マークが生きていた場合には、

キリングの胸の内を聞くことができる。

彼は大恩があるダガン・リーに銃を向けることができなかったが、

マークに直接武器を構えることもできなかった。

自分自身、冷徹に振舞うためにブラポ隊をけしかけたが、

あくまでつもりになっていただけだと打ち明ける。

もっともブラポ隊を壊滅に追いやったのはまごうことなき事実であるため、

詫びのしようもないと付け加えた。

 

ジョンからは、キリングがダガンのために動いたのであれば

ダガンこそがトムの仇であると認識されたため、

和解には至らなかったものの、ある程度わだかまりのようなものは

若干薄れることとなった。

 

 

まとめ:

今回は前半戦の最終戦について語ってきました。

次回は後半戦に突入する前にランダム戦闘について語っていきたいと思います。

 

ここまで多少の苦戦はあったものの、比較的攻略しやすい相手が

多かったと思います。

後半戦のラルフ軍は、対策しないとかなりの苦戦を強いられたり、

火星軍や所属不明軍は人海戦術と言わんばかりに

数でゴリ押ししてくるステージがチラホラあるので、

より攻略が難しくなる一方で、やりごたえは更に増すでしょう。

 

 

それでは今回はここまでになります。

 

気になる方も気にならない方も、また読んでいただければと思います。

 

それじゃあ、あじゃどう!

 

 

ΩND

 

【好きなゲーム】語っていこう21【ゼウス2 カルネージハートセカンド】

こんにちは。NABIKIです。

 

前回は前半戦の第九戦について語っていきました。

 

今回は前半戦の第十戦について語っていこうと思います。

 

実際のプレイを交えての感想となっていますので、内容は攻略寄りに

なっているのでご了承ください。

 

 

作戦概要:

勝利条件 :敵キャリアの全滅

敗北条件 :味方の全滅

敵戦力  :O.K.E4個小隊

作戦地  :東トパジウス

 

 

自軍編成:

グラハム:主人公(自由編成)

 

 

ジョン:キャメル(キャリア)

    バッドドリーム

    バッドドリーム

    バッドドリーム

    バッドドリーム

    ロータス

    ロータス(全6機)

 

 

マーク:キャメル(キャリア)

    ノーランダー

    ノーランダー

    ノーランダー

    マリアエレナ

    マリアエレナ

    マリアエレナ(全6機)

 

 

敵軍編成:

キリング軍A:ランバージャック(キャリア)

       セメタリーキーパー

       セメタリーキーパー

       チキンハンター

       チキンハンター

       スパンキー

       スパンキー(全6機)

 

 

キリング軍B:ランバージャック(キャリア)

       セメタリーキーパー

       セメタリーキーパー

       チキンハンター

       チキンハンター

       スパンキー

       スパンキー(全6機)

 

 

キリング軍C:ランバージャック(キャリア)

       セメタリーキーパー

       セメタリーキーパー

       チキンハンター

       チキンハンター

       スパンキー

       スパンキー(全6機)

 

 

キリング軍D:ランバージャック(キャリア)

       セメタリーキーパー

       セメタリーキーパー

       チキンハンター

       チキンハンター

       スパンキー

       スパンキー(全6機)

 

 

作戦展開:

前半戦における第十戦

 

ミニマム湖北と同じように、セメタリーキーパーとチキンハンターで

構成された部隊が相手になる。

 

オウキ道端と比較すると、1個小隊少ない編成ではあるものの

4個小隊がまとまった戦力となって向かってくるので

ほぼ同時に全ての部隊を相手にしなければならないため、

大混戦は避けられない状態となっている。

 

手前の部隊から攻撃を優先していくと、奥の部隊から攻撃を受けて

こちらのキャリアやO.K.Eが破壊される危険性が高いため、

不安な場合は味方のO.K.Eに随伴して、敵のO.K.Eをある程度撃破したうえで

こちらに向かってくるように誘導するのも一つ。

いずれも敵キャリアはランバージャックなので、正面からの撃ち合いは

避けるように心掛けよう。

 

敵キャリアが向かってくる場合は、後方に火力の高いO.K.Eを控えさせておくと

キャリアが戦闘に巻き込まれた時に、幾分かはラクになるだろう。

ただし、地上型のキャリアは後方にいるO.K.Eからの射撃に巻き込まれないように

十分注意しよう。

 

 

まとめ:

今回は前半戦の第十戦について語ってきました。

次回は前半戦の最終戦について語っていきたいと思います。

 

ミニマム湖北やオウキ道端と違って、一気に大多数の部隊と混戦となるため

まとめて戦うような真似をすれば、こちらの被害は拡大する一方だろう。

 

なるべく後方の部隊から追撃を受けないように、

うまいこと引き離して手前の部隊から処理するもよし、

わざと引き付けて1個小隊ずつ壊滅させるもヨシ、

自身のO.K.Eをうまいこと駆使しながら、なるべく被害を抑えながら戦おう。

 

 

それでは今回はここまでになります。

 

気になる方も気にならない方も、また読んでいただければと思います。

 

それじゃあ、あじゃどう!

 

 

ΩND

 

【好きなゲーム】語っていこう⑳【ゼウス2 カルネージハートセカンド】

こんにちは。NABIKIです。

 

前回は前半戦の第八戦について語っていきました。

 

今回は前半戦の第九戦について語っていこうと思います。

 

実際のプレイを交えての感想となっていますので、内容は攻略寄りに

なっているのでご了承ください。

 

 

作戦概要:

勝利条件 :敵キャリアの全滅

敗北条件 :味方の全滅

敵戦力  :O.K.E3個小隊

作戦地  :ユララユニ崖峡

 

 

自軍編成:

グラハム:主人公(自由編成)

 

 

ジョン:キャメル(キャリア)

    バッドドリーム

    バッドドリーム

    バッドドリーム

    バッドドリーム

    ロータス

    ロータス(全6機)

 

 

マーク:キャメル(キャリア)

    ノーランダー

    ノーランダー

    ノーランダー

    マリアエレナ

    マリアエレナ

    マリアエレナ(全6機)

 

 

敵軍編成:

キリング軍A:ゼファー(キャリア)

       エッグノッグ

       エッグノッグ

       エッグノッグ

       アングリフ

       アングリフ

       アングリフ(全6機)

 

 

キリング軍B:ランバージャック(キャリア)

       ロータス

       ロータス

       ロータス

       ロータス(全4機)

 

 

 

キリング軍C:ランバージャック(キャリア)

       ロータス

       ロータス

       ロータス

       ロータス(全4機)

 

 

作戦展開:

前半戦における第九戦

 

入り組んだ崖状のフィールドとなっており、キャメルを始めとした

飛行型のユニットで進軍すれば、移動は容易となる。

 

敵はゼファーやランバージャックとなり、崖を超えて移動することは

不可能なため、崖を超えて移動しながら、味方に揺動してもらっている隙に

敵キャリアまで一気に近づき、狙い撃ちにする作戦がいいだろう。

 

敵はエッグノッグとアングリフ、ここで初めてロータスが敵として出現する。

ロータスは前半戦でしか手に入らないため、このステージで確保しておくように。

 

耐久こそ低いものの、それ以上の機動力にものを言わせて

敵の懐へ潜り込み、至近距離からショットガンをぶっ放すトンデモ兵器と化す。

誘導妨害装置をつけて、ミサイルを避けながら敵との距離を詰めれば

かなり強力な機体となるだろう。

 

エッグノッグやアングリフは対地用の地雷で対処したり、

バッドドリームなどでゴリ押ししても平気。

 

ロータスは動きが速く、ミサイルでも捉えることできないことがあるため、

子弾に変化するマルチプル式のミサイルを搭載した方が

命中率は上がるだろう。

 

 

まとめ:

今回は前半戦の第九戦について語ってきました。

次回は第十戦について語っていきたいと思います。

 

地形の構造に加えて、敵の編成数も少ないので、前半戦で一番ラク

ステージであると言えるでしょう。

 

先述した通り、ここが数少ないロータスの入手ステージとなっているので

ここで入手できなかった場合は、キリングが待ち構えている

トパジウス基地までお預けになるので、ここでゲットしておくようにしよう。

 

 

それでは今回はここまでになります。

 

気になる方も気にならない方も、また読んでいただければと思います。

 

それじゃあ、あじゃどう!

 

 

ΩND

 

【好きなゲーム】語っていこう⑲【ゼウス2 カルネージハートセカンド】

こんにちは。NABIKIです。

 

前回は前半戦の第七戦について語っていきました。

 

今回は前半戦の第八戦について語っていこうと思います。

 

実際のプレイを交えての感想となっていますので、内容は攻略寄りに

なっているのでご了承ください。

 

 

作戦概要:

勝利条件 :敵キャリアの全滅

敗北条件 :味方の全滅

敵戦力  :O.K.E5個小隊

作戦地  :オウキ道端

 

 

自軍編成:

グラハム:主人公(自由編成)

 

 

ジョン:キャメル(キャリア)

    バッドドリーム

    バッドドリーム

    バッドドリーム

    バッドドリーム

    ロータス

    ロータス(全6機)

 

 

マーク:キャメル(キャリア)

    ノーランダー

    ノーランダー

    ノーランダー

    マリアエレナ

    マリアエレナ

    マリアエレナ(全6機)

 

 

敵軍編成:

キリング軍A:ランバージャック(キャリア)

       セメタリーキーパー

       セメタリーキーパー

       チキンハンター

       チキンハンター

       スパンキー

       スパンキー(全6機)

 

 

キリング軍B:ランバージャック(キャリア)

       セメタリーキーパー

       セメタリーキーパー

       チキンハンター

       チキンハンター

       スパンキー

       スパンキー(全6機)

 

 

 

キリング軍C:ランバージャック(キャリア)

       セメタリーキーパー

       セメタリーキーパー

       チキンハンター

       チキンハンター

       スパンキー

       スパンキー(全6機)

 

 

キリング軍D:ランバージャック(キャリア)

       セメタリーキーパー

       セメタリーキーパー

       チキンハンター

       チキンハンター

       スパンキー

       スパンキー(全6機)

 

 

キリング軍E:ランバージャック(キャリア)

       セメタリーキーパー

       セメタリーキーパー

       チキンハンター

       チキンハンター

       スパンキー

       スパンキー(全6機)

 

 

作戦展開:

前半戦における第八戦

 

ミニマム湖北と同じように、セメタリーキーパーとチキンハンターの部隊。

あちらが4個小隊であったのに対して、こちらは5個小隊。

 

O.K.E数も30機と、前半戦に登場するO.K.E部隊では、

一番多い編成数となっている。

数に目が行ってしまい、難易度を高く感じがちだが、

敵の部隊は1個小隊が北に、2個小隊が南西。2個小隊が南側におり

まとめて相手にすることは無いため、分割して対処が可能。

 

なるべく味方のO.K.Eに活躍してもらえるよう、自身のキャリアで

味方のO.K.Eに随伴して、後方から援護しつつ、味方のO.K.Eが

撃破されそうになったら、フィールド外に逃げて、なるべく味方の損害を

減らす戦法で進めていこう。

 

うまくいけば他のステージよりもすんなり行く場合がある。

 

 

まとめ:

今回は前半戦の第八戦について語ってきました。

次回は第九戦について語っていきたいと思います。

 

敵O.K.Eの数こそ多いステージですが、うまいこと味方と連携していけば

意外と苦労せずに対処できるでしょう。

 

こちらの編成は対地用のプリーストを運用するなり、

火力高めのバッドドリームを搭載するなどして、

多数で攻めて敵を火の海にできるような構成がいいでしょう。

特にチキンハンターは移動速度が多く、誘導妨害装置も搭載しているので

ミサイルがうまいこと当たらないのが多い印象です。

うまいこと囲んでロケット弾の餌食にしてしまいましょう。

 

 

それでは今回はここまでになります。

 

気になる方も気にならない方も、また読んでいただければと思います。

 

それじゃあ、あじゃどう!

 

 

ΩND